「湘南ねぶた」か?「湘南ねぶた祭り」か?

参加者の中でも長らく曖昧だった名前について、ようやく実行委員会の中での一つの見解がはっきりしましたので、ここで紹介します。

  • 運行しているねぶた・・・「湘南ねぶた」
  • 「湘南ねぶた」を運行するイベント・・・「湘南ねぶた祭り」
  • ねぶた運行主体・・・「湘南ねぶた実行委員会」

この見解に従って、ホームページの表記も直していきますので、よろしくお願いします。

第21回湘南ねぶた 実行委員長 終了ごあいさつ

拝啓 爽秋の候、ますますご健勝の趣お喜び申し上げます。
さて 去る8月26日・27日には、21回目を迎えました「湘南ねぶた」を開催させていただきましたところ、盛大に行うことができました。
これも皆様のお陰と感謝しております。

「湘南ねぶた祭り」に御賛同いただきまして、この日のために交通規制のご指導をいただきました神奈川県北警察署を始め、交通規制のお手伝いをいただきました六会安全協会の皆様。

運行警備をお手伝いいただきました藤沢市消防団第16分団の皆様、通常の運行ルートをご変更いただきました神奈川中央交通東の皆様。

子供ねぶたの紙貼りやハネトで祭りを盛り上げていただいた地元自治会・町内会のこども達と保護者の皆様。

ねぶたを保管する倉庫の提供、祭り当日の囃子などの台車を貸出いただいた亀井神社の氏子役員の皆様。

そして、ご丁寧にも御祝金を頂戴いたしました各企業の代表者様・個人の皆様に、この場をお借りしまして、改めてお礼を申し上げます。

今後とも皆様方からのご理解、御協力を賜りますようお願い申し上げます。

今年の「湘南ねぶた」はどうでしたでしょうか?
今年は、実行委員会の組織も変更となり、笑顔があふれる祭にしようと、一生懸命頑張ってまいりました。

2011年の東日本大震災を受け、当たり前であるという事への感謝、今年も「湘南ねぶた」ができるという事への感謝。さらに「湘南ねぶた」21年目、この四半世紀近く続けてこられた事への感謝。ご観覧いただいた皆様を含め、すべてこの「湘南ねぶた」に関わっていただいた皆様のおかげだと本当に感謝しております。

当日は、雨模様の予報にもかかわらず、お天気に恵まれ、子供達をはじめ、お父さん、お母さん、お爺ちゃん、お婆ちゃん。足を運んでいただいた皆様の笑顔がはじけるようでした。

「湘南ねぶた」を、ほんの少しでも楽しく話題にしていただければ、本当に嬉しい限りでございます。
また、去る8月26日・27日湘南ねぶたのセレモニーの席においてもお伝えさせていただきましたが、実行委員会は新たに組織変更を行いました。

湘南ねぶたの運行には、太鼓連、囃子、曳き手、ハネト、踊りが必要不可欠な存在であり、見せる側も見る側も笑顔があふれる祭。新たな「湘南ねぶた」を皆様にお見せしたいとの考えから新たな実行委員には、太鼓連、囃子、曳き手、ハネト、踊りの各部門からその代表者が加わっていただきました。

その結果、いままで気が付かなかった貴重な意見など活発な意見交換をすることができ、大変有意義な実行委員会となり、「湘南ねぶた」を開催することができました。

22回目として迎える来年の「湘南ねぶた」も皆様にお会いできる事を楽しみに、そして地域の発展の為に実行委員一丸となり、努力し頑張っていきたいものと思っています。

まだまだ暑さが続きますが、いっそうのご健勝のほど心からお祈り申し上げます。

まずはとりあえずお礼まで。

平成29年9月
湘南ねぶた実行委員会
実行委員長 飯島 誠
実行委員一同