湘南ねぶたの仲間たち

湘南ねぶたの運行を盛り上げている団体を、ここで紹介します。


湘南地域振興会 会長 安藤勝

湘南ねぶたがまだ影も形も無い頃、「この六会でねぶた祭りをやろう!」と気勢を上げた面々は、私ひとりを残すのみとなりました。「ねぶた祭りの熱気を六会に伝えたい!」その強い想いを胸に、湘南ねぶたに毎年携わってまいりました。

この祭りが毎年毎回、順風満帆の下に開催できてきたわけではありません。祭りの規模は大きく、その大きさに比例するように、関係各所との調整、人員の確保、運営にかかる経費の工面など、毎年数々の苦難を乗り越えてきたのです。
これもひとえに、湘南ねぶたをご支援くださる皆様のご恩情の賜物と、深く感謝申し上げます。

あと数年で、湘南ねぶたは四半世紀を迎えます。湘南ねぶたという祭りを地域の皆さま、特にこれからの六会を担っていく子供達と一緒に作り上げることで、この六会地域の活性化と青少年の育成に資することは疑いようがありません。

これから未来に向けて、湘南ねぶたを後世に伝えていくこと、そしてその役割を次世代の六会人に託していくことを心に誓い、今年も湘南ねぶたに熱い血潮をたぎらせております。

皆様、今年も湘南ねぶたを大いに盛り上げ、お楽しみにください。

一番上に戻る


囃子會「湘風會」(はやしかい「しょうふうかい」)

青森出身、ねぶた囃子歴10年(当時)の会長のもとに、地元有志が集まり、練習を始める。2005年8月に湘風會として正式に囃子會を発足し、「魅せるねぶた囃子」をモットーに日々研鑽に励む。
2015年には転がしを導入、祭り当日以外にも老人ホーム慰労などの活動も行っている。

出演依頼、新入会員も募集しております。
問い合わせ先 080-2344-5883

一番上に戻る


亀井野太鼓連

亀井野太鼓連は、平成に入ってから地元の有志の方々が子供たちに太鼓を指導するところから始まりました。
小学3年生から大学生までの50人ほどのメンバーで構成されています。20年前から始まったねぶた祭りには、毎年参加しています。ねぶたの運行前にはトレーラーでの発表、運行中は、お囃子で参加して、お祭りを盛り上げていきます。

みんな本番に向けて精一杯練習しています。応援よろしくお願いします!

一番上に戻る


三味線・民謡「絹房会(きぬふさかい)」

私たちは、ビクター民謡歌手の富田房枝先生の下で、民謡の唄や三味線の御指導をして頂いております。
また、日本武道館にて、オリンピックプレゼンテーション津軽三味線大合奏を約2,000人で行い、ギネスブックに載せて頂きました。
2020年の東京オリンピックに向けて全国より集まり、大合奏の練習を行っております。私たちもお仲間に入れて頂き、頑張っております。

どうぞよろしくお願い致します。

一番上に戻る