「その他」カテゴリーアーカイブ

大会本部にねぶた移動

いよいよ今日は湘南ねぶた祭り1日目です。

昨晩、ねぶたや太鼓を大会本部の
ヨークマート駐車場に移動しました。

昨日は風が強く
ねぶたが壊れてしまわないかと
心配もしました。

実はこのねぶた

青森で運行し
運ばれてくるまで

そして
屋外に置いてあるうちに
わりと穴があいてしまうんです。

毎年、運行前に補修して
本番を迎えます。

ねぶたの移動は
交通規制が必要で
藤沢北警察の皆さまに
全面的にご協力いただいています。

単なる数十分の移動ですが

運びだすスタッフやボランティア
指示を出す人、警備の方

沢山の人の協力
近隣の方々のご理解があって
できることです。

こうやって
お祭りの日を迎えられたことに
感謝しています。

2018年湘南ねぶた祭りに
是非とも足をお運びください。

そして皆でらっせらーと
盛り上がり
楽しみましょう。

J:COM湘南シーサイドスタジオへ

今日は有志メンバーで
湘南ねぶた祭りの
宣伝に行って来ました。

会場は片瀬江ノ島の東浜にオープンしている海の家『J:COMシーサイドスタジオ』

デイリーニュースのゲストコーナーに出演させて頂きました。

しかも生放送(^∀^;)

放送でもお伝えしましたが

参加して楽しい
観て元気になる
笑顔あふれるお祭り

今年もスタッフ一同
皆さまのお越しを
お待ちしております。

宣伝にご協力いただきました
J:COM湘南の皆さま
どうもありがとうございました。


出展:デイリーニュース湘南ツイッターhttps://mobile.twitter.com/DailyNewsShonan/status/1031420144948400128

J:COMさんとの打ち合わせ

この度、J:COMさんで湘南ねぶた祭りを紹介していただけることになりました。

しかも来週、生放送で!

六会日大前駅前のcafeふあもあにて
打ち合わせがありました。

どんな番組が出来上がるのか
お楽しみに!

都合がよければ、
ぜひ御覧ください。

……………………………………………………………………
J:COMデイリーニュース
8/20(月)12:30-生放送
(再放送)
8/20(月)18:00 21:00 23:00
……………………………………………………………………

ねぶた制作者・高杉さんが「広報あおもり」で紹介されました

湘南ねぶたは例年、青森市篠田町会で作られるねぶたを六会まで運び、運行を続けています。
その篠田町会ねぶた実行委員会委員長の高杉忠詔さんが「広報あおもり」平成30年7月15日号にて紹介されました。

以下のページ(青森市ホームページ)を辿り、「4~5ページ」を開いてみてください。
なお、ご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
https://www.city.aomori.aomori.jp/koho-kocho/shiseijouhou/kouhou/kouhou-aomori/back-number/heisei30/20180715.html

高杉さんは篠田町会で毎年ねぶた制作に精力的に活動されていますが、我らが「湘南ねぶた」でも、篠田町から運ばれた町ねぶたの補修のみならず、湘南ねぶた独自の前ねぶた制作・補修にもご尽力頂いております。

さまざまな方の協力あって、湘南ねぶたは運行されています。ぜひ記事をご覧になってみてください。

2018年紙はがし②

紙はがしの後半戦。

たわしに水をつけて、針金にこびりついた和紙を取り除いていきます。

 

水を浸けすぎると逆に糊(のり)でベタベタになります。

 

加減が難しいのがこの作業。

ねぶたの制作にかかわる体験はなかなかできないので、とてもいい経験になります。

 

ゴシゴシ

ゴシゴシ

今日の作業は、こうして紙をはがすところまでです。

 

男性陣は屋外での力仕事。

35度を越える灼熱の中頑張っています。

 

次回のねぶた作業は

紙貼りと、老朽化したねぶたの補修です。

 

ではまた✋

「湘南ねぶた」か?「湘南ねぶた祭り」か?

参加者の中でも長らく曖昧だった名前について、ようやく実行委員会の中での一つの見解がはっきりしましたので、ここで紹介します。

  • 運行しているねぶた・・・「湘南ねぶた」
  • 「湘南ねぶた」を運行するイベント・・・「湘南ねぶた祭り」
  • ねぶた運行主体・・・「湘南ねぶた実行委員会」

この見解に従って、ホームページの表記も直していきますので、よろしくお願いします。

第21回湘南ねぶた祭り 実行委員長 終了ごあいさつ

拝啓 爽秋の候、ますますご健勝の趣お喜び申し上げます。
さて 去る8月26日・27日には、21回目を迎えました「湘南ねぶた祭り」を開催させていただきましたところ、盛大に行うことができました。
これも皆様のお陰と感謝しております。

「湘南ねぶた祭り」に御賛同いただきまして、この日のために交通規制のご指導をいただきました神奈川県北警察署を始め、交通規制のお手伝いをいただきました六会安全協会の皆様。

運行警備をお手伝いいただきました藤沢市消防団第16分団の皆様、通常の運行ルートをご変更いただきました神奈川中央交通東の皆様。

子供ねぶたの紙貼りやハネトで祭りを盛り上げていただいた地元自治会・町内会のこども達と保護者の皆様。

ねぶたを保管する倉庫の提供、祭り当日の囃子などの台車を貸出いただいた亀井神社の氏子役員の皆様。

そして、ご丁寧にも御祝金を頂戴いたしました各企業の代表者様・個人の皆様に、この場をお借りしまして、改めてお礼を申し上げます。

今後とも皆様方からのご理解、御協力を賜りますようお願い申し上げます。

今年の「湘南ねぶた」はどうでしたでしょうか?
今年は、実行委員会の組織も変更となり、笑顔があふれる祭にしようと、一生懸命頑張ってまいりました。

2011年の東日本大震災を受け、当たり前であるという事への感謝、今年も「湘南ねぶた」ができるという事への感謝。さらに「湘南ねぶた」21年目、この四半世紀近く続けてこられた事への感謝。ご観覧いただいた皆様を含め、すべてこの「湘南ねぶた」に関わっていただいた皆様のおかげだと本当に感謝しております。

当日は、雨模様の予報にもかかわらず、お天気に恵まれ、子供達をはじめ、お父さん、お母さん、お爺ちゃん、お婆ちゃん。足を運んでいただいた皆様の笑顔がはじけるようでした。

「湘南ねぶた」を、ほんの少しでも楽しく話題にしていただければ、本当に嬉しい限りでございます。
また、去る8月26日・27日湘南ねぶたのセレモニーの席においてもお伝えさせていただきましたが、実行委員会は新たに組織変更を行いました。

湘南ねぶたの運行には、太鼓連、囃子、曳き手、ハネト、踊りが必要不可欠な存在であり、見せる側も見る側も笑顔があふれる祭。新たな「湘南ねぶた」を皆様にお見せしたいとの考えから新たな実行委員には、太鼓連、囃子、曳き手、ハネト、踊りの各部門からその代表者が加わっていただきました。

その結果、いままで気が付かなかった貴重な意見など活発な意見交換をすることができ、大変有意義な実行委員会となり、「湘南ねぶた」を開催することができました。

22回目として迎える来年の「湘南ねぶた」も皆様にお会いできる事を楽しみに、そして地域の発展の為に実行委員一丸となり、努力し頑張っていきたいものと思っています。

まだまだ暑さが続きますが、いっそうのご健勝のほど心からお祈り申し上げます。

まずはとりあえずお礼まで。

平成29年9月
湘南ねぶた実行委員会
実行委員長 飯島 誠
実行委員一同