「作業日記」カテゴリーアーカイブ

ねぶたに関する作業日記です。

ねぶたを台車に乗せました!

8月22日(火)
湘南ねぶたの準備作業もいよいよ大詰め。
ねぶたを躍動させるために台車に乗せます!

と、その前に。まずはこれ。

ねぶたに命を吹き込む発電機!
クレーンで釣り上げて台車に乗せます。

重心を考えて乗せないと台車が傾いちゃうので慎重に。

色塗りをした子供ねぶたの台車にも。

キッチリ収まりました。

激しく動いても大丈夫なように、しっかり固定します。

そして、いよいよねぶたを台車の乗せますよ。

奥から枕木に乗せて。

ゆっくりと引き出します。

入口にぶつけないように慎重に。

足場の板を橋替わりに台車に乗せていきます。

乗りました。

でも、もっと前へ。

こんな前!?台車からはみ出てる!

送り絵のスペースを空けていただけでした。。

ねぶたが乗っただけで作業は終わりません!
台車の骨組みには「紅白テープ」を巻きます。

ここぞとばかりに、子供たちもお手伝い。

お手伝い?(笑)

子供たちの作品は、ねぶたから突き出た棒になりました!

この棒は雨除けシートをねぶた本体につけないためのものです。

朝9時から夕方5時すぎまで。猛暑の中の作業でした!
ねぶた祭りは多くの裏方の皆さまのお力で成り立っているのだと実感しました。
暑い中、お疲れ様でした!

子供ねぶたに色をつけました☆

昨日に引き続き作業開始。

午前8時をまわる前にはスタート(^^)v

これなーんだっ(  -_・)?

って、簡単ですね。

金魚の目でした~☺

今日もねぶた師高杉さんのご指導のもと、色を入れていってます。

半紙なので、力を入れすぎると破れてしまうんです\(゜ロ\)

 

広い範囲の色を入れるスプレー。

こどもたちは、これに興味津々(笑)

おもちゃではありませんよ!

金魚のうろこは技あり☆感動。

普通に塗っているようですが

グラデーションになってるんです。

仕上がりは午後1時半。

いよいよ1週間後に本番です。

明後日22日は最後の作業www

 

また様子をお伝えいたします。

 

高杉さん、参加したスタッフの皆さん

ありがとうございます(*^ー^)ノ♪

 

ねぶた搬入

今朝、青森市篠田町会からねぶた「桃太郎の鬼退治」が運ばれてきました。

本日のミッションは
トラックに積まれたねぶたを
倉庫に入れること‼

まずはスペースづくりから

トラックの中はこんな感じです。

青森から来たんだなーと
しみじみ思う…

最初に小物を運び入れました。

こんな風に銀の板を伝わせて
トラックから倉庫へ。

倉庫の入り口にぶつからないように
丁寧にゆっくりと動かします。

キャリア20年の実行委員長の指示のもと

作業は30分で終了。

早朝より参加した皆さま
お疲れ様でした♪

子供ねぶた【紙はり】終了

新しい和紙を貼る作業が終わりました。

ご協力いただいた皆様
ありがとうございました。

8/5 6日の作業はありません。

作業の記録です🎵

和紙をきれいにはがして骨組みだけになった子供ねぶた。

今年用に新しい和紙をはっていきます。

和紙もただ貼れば良い、
という訳ではありません。

シワやヨレがあると、
色をキレイに塗ることができません。

ねぶたは曲線が多く、
和紙の貼り付けはなかなか難しい。

それでもだんだんに慣れてきて、
順調に貼り付けています。

道具はボンドと筆。
そして和紙。

着々とすすみ

だいぶ慣れてきて

もう少し

あともう少し

途中水たまりで遊んだキッズが泥だらけになることもあり(笑)

やったー🎉

できました!

次は色を入れていきます。

日程が決まりましたら
また連絡しますね。

和紙はがし2日目

今日も雲昌寺で

はがし作業の仕上げに取り組んでいます。

 

これを1人2人でやると

先が見えず途方にくれます。

みんなでやると早い🎵

青森県にいないと

なかなかできない経験です。

 

それを湘南で。

 

子供たちにとっても

夏のいい経験、思い出ですね