湘南ねぶたへの「ご寄付」のお願い

「ご寄付」のお願い 平成30年
湘南ねぶた実行委員会 会長 飯島 誠

地域の皆様・企業様におかれましては、平素より湘南ねぶた祭りの催行にあたり多大なるご理解とご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
湘南ねぶた祭りは、平成30年に22回目を迎え、地区の活性化をはかり住民のふれあいを深めることにより、心の通い合う暖かい街づくりをめざす。また、夏休みにおける青森市と当地区の児童が交歓する機会をつくることにより、ものの見方・考え方を広げ、それぞれの人間形成の一助となるよう更なる活動の活性化を図っていく所存であります。
昨年度は、大変多くの皆様から湘南ねぶた祭りに対して総額4,510,903円もの貴重なご寄付を頂戴し、湘南ねぶた祭り催行に活用をさせていただいております。
昨年度より、亀井神社・湘南地域振興会からの湘南ねぶた祭りに対するご寄付の見直しがあり、自主警備への移行のために警備への委託費ならびにその他委託費用が一昨年までと比べて2割ほど高騰している状況を鑑み、来年度以降の湘南ねぶた祭りの実施が危ぶまれる状況となりました。
つきましては、湘南ねぶた実行委員会として地域の皆様・企業様に対して来年以降の湘南ねぶた祭りの催行存続のため、ご寄付をお願いさせていただくことといたしました。
地域の皆様・企業様のご厚情を賜りたく、大変恐縮でございますが、ご寄付いただければ幸いに存じます。頂戴いたしました貴重なご寄付は、湘南ねぶた祭りの催行ならびに地域の更なる活性化に活用させていただく予定でございます。
来年度以降も湘南ねぶた祭りを地域の皆様。企業様の絶大なるご支援。ご協力を頂きながら、
地域発展のため努力して参る所存でありますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

【寄付金の使用目的】
平成30年度ご寄付については、目的を次のとおりといたしました。
『平成30年度湘南ねぶた催行のための有効な活用および来年度以降の催行のための準備資金』

【本件についてのお問合せ先】
湘南ねぶた実行委員会 会長 飯島誠
Tel.0466-82-5511/Fax.0466-82-4455/e- mail: makoto@iijima- kousan.com
〒252-0813藤沢市亀井野1丁目3番地の10 飯島興産内

2018年紙はがし②

紙はがしの後半戦。

たわしに水をつけて、針金にこびりついた和紙を取り除いていきます。

 

水を浸けすぎると逆に糊(のり)でベタベタになります。

 

加減が難しいのがこの作業。

ねぶたの制作にかかわる体験はなかなかできないので、とてもいい経験になります。

 

ゴシゴシ

ゴシゴシ

今日の作業は、こうして紙をはがすところまでです。

 

男性陣は屋外での力仕事。

35度を越える灼熱の中頑張っています。

 

次回のねぶた作業は

紙貼りと、老朽化したねぶたの補修です。

 

ではまた✋

2018年紙はがし①

2018年度のねぶた制作が今日から始まりました。

ねぶたを小屋から出して

Hisilicon Balong

まずは外へ。

穴あけてー

パンチすれば穴あけられるよ♪

頑張ろう。

有り難いことに、沢山の方に参加いただいてます。

 

裏方をかって出てくれる6年生。

毎年ありがとうね!

 

途中経過でした。

 

つづく

2018年向け始動とお願い

みなさま、こんにちは。
湘南ねぶたウェブサイト・Webmasterのうおりです。

去る5月24日、2018年の「第22回湘南ねぶた祭り」に向けての会合がスタートしました。本年は8月25日(土)・26日(日)に開催しますので、どうぞよろしくお願いします。

ところで、湘南ねぶた実行委員会では、昨年諸経費高騰に伴い、単年度赤字を計上しました。過去の会計からの繰り越しがあり、本年の開催大丈夫です。
しかしながら、青森市からねぶたを運び、舞台や照明を設営したり、警備員を配置したりと、このお祭りはなにかとお金がかかります。六会で運行する湘南ねぶたを、しっかり地域で伝承していくためには、とにもかくにもお金が必要ですので、寄付を募りたいと思います。

ぜひとも、応援を頂けないでしょうか。
よろしくお願い致します。

【お祭りの口座】
口座番号:かながわ信用金庫 六会支店 普通1975873
口座名義:湘南ねぶた実行委員会 実行委員長 飯島 誠

「湘南ねぶた」か?「湘南ねぶた祭り」か?

参加者の中でも長らく曖昧だった名前について、ようやく実行委員会の中での一つの見解がはっきりしましたので、ここで紹介します。

  • 運行しているねぶた・・・「湘南ねぶた」
  • 「湘南ねぶた」を運行するイベント・・・「湘南ねぶた祭り」
  • ねぶた運行主体・・・「湘南ねぶた実行委員会」

この見解に従って、ホームページの表記も直していきますので、よろしくお願いします。

第21回湘南ねぶた祭り 実行委員長 終了ごあいさつ

拝啓 爽秋の候、ますますご健勝の趣お喜び申し上げます。
さて 去る8月26日・27日には、21回目を迎えました「湘南ねぶた祭り」を開催させていただきましたところ、盛大に行うことができました。
これも皆様のお陰と感謝しております。

「湘南ねぶた祭り」に御賛同いただきまして、この日のために交通規制のご指導をいただきました神奈川県北警察署を始め、交通規制のお手伝いをいただきました六会安全協会の皆様。

運行警備をお手伝いいただきました藤沢市消防団第16分団の皆様、通常の運行ルートをご変更いただきました神奈川中央交通東の皆様。

子供ねぶたの紙貼りやハネトで祭りを盛り上げていただいた地元自治会・町内会のこども達と保護者の皆様。

ねぶたを保管する倉庫の提供、祭り当日の囃子などの台車を貸出いただいた亀井神社の氏子役員の皆様。

そして、ご丁寧にも御祝金を頂戴いたしました各企業の代表者様・個人の皆様に、この場をお借りしまして、改めてお礼を申し上げます。

今後とも皆様方からのご理解、御協力を賜りますようお願い申し上げます。

今年の「湘南ねぶた」はどうでしたでしょうか?
今年は、実行委員会の組織も変更となり、笑顔があふれる祭にしようと、一生懸命頑張ってまいりました。

2011年の東日本大震災を受け、当たり前であるという事への感謝、今年も「湘南ねぶた」ができるという事への感謝。さらに「湘南ねぶた」21年目、この四半世紀近く続けてこられた事への感謝。ご観覧いただいた皆様を含め、すべてこの「湘南ねぶた」に関わっていただいた皆様のおかげだと本当に感謝しております。

当日は、雨模様の予報にもかかわらず、お天気に恵まれ、子供達をはじめ、お父さん、お母さん、お爺ちゃん、お婆ちゃん。足を運んでいただいた皆様の笑顔がはじけるようでした。

「湘南ねぶた」を、ほんの少しでも楽しく話題にしていただければ、本当に嬉しい限りでございます。
また、去る8月26日・27日湘南ねぶたのセレモニーの席においてもお伝えさせていただきましたが、実行委員会は新たに組織変更を行いました。

湘南ねぶたの運行には、太鼓連、囃子、曳き手、ハネト、踊りが必要不可欠な存在であり、見せる側も見る側も笑顔があふれる祭。新たな「湘南ねぶた」を皆様にお見せしたいとの考えから新たな実行委員には、太鼓連、囃子、曳き手、ハネト、踊りの各部門からその代表者が加わっていただきました。

その結果、いままで気が付かなかった貴重な意見など活発な意見交換をすることができ、大変有意義な実行委員会となり、「湘南ねぶた」を開催することができました。

22回目として迎える来年の「湘南ねぶた」も皆様にお会いできる事を楽しみに、そして地域の発展の為に実行委員一丸となり、努力し頑張っていきたいものと思っています。

まだまだ暑さが続きますが、いっそうのご健勝のほど心からお祈り申し上げます。

まずはとりあえずお礼まで。

平成29年9月
湘南ねぶた実行委員会
実行委員長 飯島 誠
実行委員一同

第21回湘南ねぶた 終了ごあいさつ

囃子演奏が終わり、新体制の実行委員会役員紹介をしています。最後は「いいね!」三本締めで閉幕しました。

本日は急遽、裏通りにねぶたと湘風會の囃子を通さない形になり、何かと手探りのねぶた運行をしていくことになりましたが、これからも湘南ねぶたを続けていきますので、よろしくお願いします。